• Image of COMMUNIONS - COMMUNIONS EP CD
  • Image of COMMUNIONS - COMMUNIONS EP CD

Released on June 3rd, 2015

Ltd.500 with OBI strip/Lyrics/Lyrics translations

The self-titled EP features lead track Out of My World and is accompanied by 4 other tracks, all recorded in their hometown of Copenhagen. The listing of the EP is as follows:

1. Forget it's a Dream
2. Wherever
3. Restless Hours
4. Summer's Oath
5. Out of my World

with two previous tracks:

6. So Long Sun
7. Love Stands Still

The EP is the second release on Tough Love Records, following the release of AA-side single So Long Sun/Love Stands Still at the end of 2014. The limited 7” sold-out and Pitchfork were quick to praise the A-side and hone in on their musical influences: “The song oozes effervescent warbles—from vocalist Martin Rehof, and the interplay of shimmering guitars, and lovely crescendos of reverb, reminiscent of early Stone Roses.” (Pitchfork)

Communions, made up of brothers Martin and Mads Rehof, Jacob van Deurs Formann and Frederik Lind Köppen, are fast-gaining attention for their transcendent melodies, delicate guitar lines and emotive pop songs about naivety and youth.

Facebook - www.facebook.com/Communions
Website - www.communions.dk

アイスエイジ、ロウワー、ラスト・フォー・ユース、プース・マリーを筆頭に、世界を席巻するデンマーク、コペンハーゲン・ノイズ/インダストリアル/パンク・シーン。
彼らと同じリハーサル・スタジオ兼イベント・スペースMayhem発、
Martin(Vocal/Guitar)/Mads(Bass) Rehof兄弟、ロウワーのギタリストSimonの弟であるJacob Van Deurs Formann(Guitar)、そしてFrederik Lind Köppen(Drums)。シーンの最年少4人組バンドは、その直系でありながらもそこに全く新しい風を吹き込んだ。
80年代のストーン・ローゼスやラーズのようなポスト・パンク、00年代のストロークスやリヴァティーンズのようなインディー・ロックを思わせる、甘いだけではないメロディーに、切ない歌声、叫ぶようなギターの音色。そして誰をも魅了するルックスそしてスタイル。

Rehof兄弟はティーネイジャーになるまでの10年間をアメリカで過ごした。彼らの国籍不明で所在なさげな音楽性は、そこに由来するのかもしれない。
コペンハーゲンの中心レーベルPosh Isolationよりデビュー7"を発売後、UKのレーベルTough Loveからの2nd両A面7"は瞬く間に完売。そして待望の3rdシングルがついに完成した。

「2015年のコペンハーゲン、いや世界の音は、これ以上でも以下でもない」